【EP1-8】巨躯復活、レアくれ【前編】 ~スバルの冒険記~

これは、ストーリーというパシリ作業を進める少年の物語である。

pso20150412_120007_003.jpg
ティーナ「AP198。ダークファルス【巨躯】との決戦する。アークスは多大なる被害を出しながらも、ダークファルスを撃破、殲滅する……」

pso20150412_115719_001.jpg
スバル「で、この年に六芒均衡が結成……」

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「歴史の勉強か?」

pso20150412_115719_001.jpg
スバル「うん、来週歴史のテストがあるんだ」

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「そうか。……しかし、歴史は突然変わるものだ」

pso20150412_115719_001.jpg
スバル「へ?」

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「そのダークファルス、実は生きてたりしてな」

pso20150412_120007_003.jpg
ティーナ「そんなことないよ!! ちゃんと倒したって書いてある!!」

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「……ティーナちゃん、怖いのか?」

pso20150412_120007_003.jpg
ティーナ「……」コク

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「よし、それじゃ今夜俺と寝ようk……」

pso20150405_115703_000.jpg
シャルロッテ「年頃の女の子誘わないの」ポカ

pso20150403_214813_002.jpg
エツィオ「いてっ、まぁいい。スバル、ダークファルスがいるかどうか確かめてきてくれないか?ティーナちゃん安心して寝させるためにな」

pso20150412_115719_001.jpg
スバル「結局、僕じゃないか。わかった、行ってくるよ」

pso20150412_120007_003.jpg
ティーナ「ダークファルス写さないようにね……」

とりあえず7章から8章までの経緯
pso20150419_225115_000.jpg
レダ「おい、聞いたか聞いたか? なんか、ナベリウスで行方不明になっちゃったやつがいるらしいぜ。アークスでもないのに無茶すっから……」
スバル(ロジオさん、そういえば調査出てたな……)


pso20150419_225305_005.jpg
ジグ「すまんな、わざわざ足労願って。 話というのはほかでもない終戦中だった、かの破損武器のことだ」
スバル(「かの」って付けるの好きだな)
ジグ「結論から言おう。アレが、アレだけが何者かに盗まれた。そして犯人はまだ見つかってない」
スバル「……え?」
ジグ「形こそは整っているが、アレはまだ壊れていて使用は不可能なんじゃが……」


pso20150419_225546_023.jpg
ロジオ「ある少女に助けられて、リリーパに来ましたよ。フーリエさんもよくやってくれてますし、襲われることはありません」
スバル「よかった」
ロジオ「……で、私が殺されかけた理由を調べてみたのですが、おそらく地質調査のために取得していたパラメータなんだと思います。凍土の奥深くの組成分からダーカー因子が検出されたんです」
スバル「つまり……」
ロジオ「昔からナベリウスにダーカーが存在していたということなんです。それともう一つ、あの凍土自体、ダーカーが生み出したものなのかもしれません」

ロジオさん行方不明になる。
ジグに預けた武器が盗まれる。
ロジオさん暗殺者に狙われていた。ある少女(サラ)に助けられ、リリーパに連れ去られた。


というわけで、遺跡調査兼パシリに行ってきた。
pso20150412_082100_002.jpg

pso20150404_234105_008.jpg
レイ「今回は遺跡エリアで、ダークファルスの確認ね……」
スバル「着陸ポイントに到着。ここからは徒歩で行くよ……ん?」


pso20150412_082109_003.jpg
ゼノ「お、スバル。お前も調査に来たのか?」
スバル「ゼノさん……」
ゼノ「ちょうどいい。俺達と一緒に行かないか?」
スバル「……いいですよ」

pso20150412_082120_005.jpg
ゼノ「そうこなくっちゃな。お前が一緒だと安心感が違うぜ」

pso20150412_082123_006.jpg
エコー「ちょっとゼノ、あたしは?」
ゼノ「はいはい、エコーさんも十二分に頼りになりますよ、っと」
エコー「……なんか、さいきんあたしの扱いがぞんざいになってきてない?」


pso20150412_082135_010.jpg
ゼノ「いい加減独り立ちしろってことだよ。お前さ、いっつも俺とばっかつるんでてつまらなくないのか?」

pso20150412_082141_012.jpg
エコー「……そんなわけ、ないでしょ」
ゼノ「うん? 聞こえねえぞ?」
エコー「うるさいバカ! ほら、スバル、こんなバカほっといて行きましょう!」
ゼノ「ったく、何だってんだよ。ま、あんだけ元気ありゃ大丈夫か」
スバル(この人どれだけ鈍感なんだ……)

pso20150412_082202_017.jpg
ゼノ「……それよりスバル、気を付けろよ。何だか嫌な空気だ」
スバル「……ねぇ、レイ」
レイ「何?」
スバル「ここまで歩んできたけどさ、ゼノさん出まくりじゃない?」
レイ「……少し調べてみるわ」

1章中央ルート:新人アークスが死ぬ、教官であるゼノは遅れて登場。
1章右ルート:マトイを保護する。
1章左ルート:【仮面】が現れる。さらにゲッテムハルト、メルフォンシーナが現れる。(助ける?)
2章:【仮面】再び登場。ゼノ、エコーの援護で【仮面】は撤退する。武器の破片1を拾う。
3章:リリーパ族の恩返しにフーリエと同行する。ゲッテムハルト、メルフォンシーナと会う。
4章:アキ、ライトとアムドゥスキアへ行く。ヒ・ロガ(ヴォル・ドラゴン)の浸食を止める。
5章:アフィンと同行、更にフーリエとも同行する。リリーパ族が武器の破片2を拾う。
6章:浮遊大陸でゼノ、エコーと会ったので同行する。【仮面】と会うがコ・リウ(シル・サディニアン)が相手する。武器の破片3を拾う。
7章:128番艦「テミス」にて、ダーカーの襲撃。ダーカーを倒す。

レイ「中央ルートと2章、6章、そして今回の8章。……気にするほどでもないんじゃないかしら?」
スバル「そうかなー……」


始まります。
pso20150412_082345_019.jpg


pso20150412_082548_020.jpg
四と遅刻常習犯が仲間になった!!
ゼノ「遅刻www常習犯www」
エコー「うっさい!! スバル、許さないわよ!!」
スバル「えぇ……」
エツィオ「付けたの俺なんだがな」


pso20150412_082655_021.jpg
エコー「きゃあっ……な、何の揺れ!?」
ゼノ「地震……にしては何かヘンだな。何か奥底でうごめいているような揺れ方だ……」
エコー「うごめいてるって、何が? ……ちょっと、ゼノ?」


pso20150412_082710_024.jpg
???「要するに、ですね。ここは危険ということです」
スバル「敵!?」
エコー「え! い、いつのまにそこに……?」

pso20150412_082722_026.jpg
???「ああ、すみません。驚かそうとしたわけじゃないんです。そう警戒しないでください。貴方たちと同じアークスですよ」
ゼノ「……おいおい、冗談だろ? あんたがただのアークスだったら俺達はどうなっちまうんだ?」


pso20150412_082736_029.jpg
ゼノ「なあ、六芒均衡の三、カスラさんよ」
エコー「六芒均衡って! アークスの一番上の……!?」


pso20150412_082741_031.jpg
カスラ「私のことをご存じなら話は早いですね。六芒均衡の一人として早急に退くことを推奨します。脅しではなく、本気で。……と言って、一人で進むというのが六芒均衡として正しい対処だとは思うんですけどね。こうしてお会いできたのも何かの縁。よろしければ、ご同行願えませんか?」

pso20150412_082758_035.jpg
ゼノ「……しかし、いいのか? 六芒均衡サンの足手まといになっちまかもしれないぜ?」
カスラ「はは……大したことありませんよ。私は情報収集専門。戦いは不得手です。正直、一人で進むのは不安なだけです。ですからどうか傅くことなくいちアークスとして応対してください。私の知ることも、道ずから説明させていただければ、と思います」
ゴゴゴ……
ゼノ「どうやら、のんびりと話してる時間もなさそうだな……一緒に行くしかないか」
カスラ「助かります。みなさん。よろしくお願いしますね。」


pso20150412_083119_042.jpg
三が仲間になった!!
スバル「六芒均衡って普通のアークスより強いんですよね?」
カスラ「ええ、ですが先ほども話したように私は情報収集専門でして」
エツィオ「情報収集なら双子の姉妹やら、銀行屋に任せりゃいいものを……」
カスラ「こちらだって知られたくない情報もありますから、普通のアークスには頼めないのです」

pso20150412_083645_043.jpg
エコー「はっ、はあっ……どうしてこんなにダーカーが……」
ゼノ「まったくだ、きりがねえ。おい、カスラさんよ。ここで一体何が起ころうとしてるんだ」

pso20150412_083652_045.jpg
カスラ「私としても伝聞の知識ですが……40年前に、このナベリウスで何が起こったか、ご存知ですか?」
スバル「……ダークファルスとの決戦」
カスラ「スバルさんはお調べになられていたようですね。そう、ダークファルスとの決戦です」


pso20150412_083704_047.jpg
カスラ「40年前、この惑星で、初代レギアス、初代クラリスクレイス、初代カスラがダークファルスを撃退したのです」
エコー「ダークファルス……」
ゼノ「……どういうことだよ。この惑星にダーカーが出始めたのはつい最近の事だろう?」
カスラ「それは、嘘です」
スバル「え!?」
エコー「そんな……アークスが嘘をついていたというの?」


pso20150412_083732_054.jpg
ゼノ「……解せねえな、そんなことして何の意味がある。ここに何を隠してるんだ」
カスラ「……アークスを支える虚構がここには隠されているんですよ」


pso20150412_083737_056.jpg
カスラ「ダークファルスは倒せるもの。そう、アークスに信じ込ませるための決定的な証拠を、隠している」

後半へ続く……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今まで来た人
プロフィール

エツィオ

Author:エツィオ
(C) SEGA
どうもこんにちは。
pso2のship10にいるエツィオです。
チーム:うさぎのしっぽ*

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる