【EP1-6】武器の破片探しという名のパシリ 浮遊大陸編 ~スバルの冒険記~

これは、ストーリーというパシリ作業を進める少年の物語である。

pso20140817_001028_007.jpg
ツバサ「あ、水晶の欠片が底尽きちゃった」

pso20140815_082121_017.jpg
エツィオ(あ、これは嫌な予感がする……)

pso20140817_001028_007.jpg
ツバサ「誰かとってきてくれないかな~」チラッ

pso20140815_082121_017.jpg
エツィオ「だ、そうだ、ゼロ」

pso20141012_205104_004.jpg
ゼロ「だ、そうだ、レイ」

pso20140923_193436_001.jpg
レイ「だ、そうです、ティーナさん」

pso20141207_210808_000.jpg
ティーナ「だそうだって、イレイズちゃん」

pso20141009_000944_002.jpg
イレイズ「……」ゴニョゴニョ

pso20140903_055746_009.jpg
スバル「だ、そう、スバル……って、なに、この連係プレイ!?」

pso20140815_082121_017.jpg
エツィオ「そうだ、ついでにマタボも終わらして来い。浮遊大陸のストーリークエストがあるはずだ」

pso20140903_055746_009.jpg
スバル「はーい……あ、今回からの変更点としてストーリークエストだけでなく、キーマターも載せていこうと思います。」

というわけでやってきたのは、浮遊大陸。
pso20141207_090206_007.jpg
ゼロ「スバル、今回は俺も同行する」
スバル「え?」
ゼロ「エンシェントクォーツが欲しいからな」
スバル「これ、ありなの……?」
レイ「ありじゃないでしょうかね、ただしカメラ外になりますよ」

pso20141207_090302_009.jpg
??「おっ、スバル。やっぱお前さんもここに来たか」
スバル「……ゼノさんとエコーさん」
ゼノ「例の武器、ここにありそうなんだろ?仮面野郎も目撃されたって話だしな」
エコー「ね、ねえねえ、例の武器とか仮面とかそんなのどうでもいいから早く進みましょうよ……」
ゼロ「高所恐怖症なのか?」
スバル「そうらしい感じだね」
ゼロ「任せろ、フライトユニット出して助けてやる」
ゼノ「で、どう探していくかって話だが……」

pso20141207_090357_017.jpg
ヒ・ロガ「待たれよ スバル」
スバル「うおっ!?」
エコー「りゅ、龍族……!敵!?」
ゼノ「落ち着けってエコー。どうもそんな様子じゃないぞ」
スバル「ええっと……ヒ・ロガさん? お久しぶりです」

pso20141207_090419_020.jpg
ヒ・ロガ「スバル 公の 先の感謝を述べる わが命 斯様によって救われた そして 我は言葉を預かった ここより西 進みし先にて 公を 待つものがいる」
スバル「そこに行けばいいんだね」
ヒ・ロガ「役は果たした 我は去る 行くか行かないかは 公の自由だ」
ゼノ「……ひゅーっ、すげえ迫力。龍族って、ああやって喋るんだな。喋るっつーか、テレパシーか?」
スバル「wikiに念話って書いてますよ」

pso20141207_090521_027.jpg
ゼノ「……で、だ。エコー、お前はいつまで俺にひっついてるつもりだよ?」

pso20141207_090528_028.jpg
エコー「……え? あ、べ、べつに、ひっついたりしてないわよ! ゼノが暴れそうだから押さえてただけ!」

というわけで始まります。
pso20141207_090734_030.jpg

pso20141207_090759_031.jpg
ゼロ「スバル、通信が入った」
スバル「何?」
ゼロ「チームポイント確保のため、バリドランを20体討伐しろ、とだ」
スバル「ちょ!?ここ20体もいるの!?」

pso20141207_090926_035.jpg
ヒ・エン「来たな スバル」
スバル「ヒ・エンさん、久しぶりです」
ゼノ「さっきの龍族が言ってたスバルを待ってるのって、あんたのことか?」
ヒ・エン「我が呼んだわけではない 我も 言葉を預かるのみ しかし 見事なものだ そなたとあの研究者は コとも 対話をしてみせた」
スバル(研究者ってアキさんとライトさんの事かな)
ヒ・エン「否 それだけではない さらなる先を 切り開いた スバル そなたとの出会いに 感謝を テリオトーに 感謝を」
スバル「僕パシリ通りにやっているだけだよ」
ヒ・エン「………………雑談が 過ぎたな 我の言葉 その意味は 全て 進めばわかること」
スバル「今の間は何!?」

pso20141207_091002_043.jpg
ゼノ「なんとも盛り上げてくれるなあ、さあて、奥には何が待ってるんだか」
エコー「き、気を付けないとだめだよ! まだ、罠の可能性もあるんだから!」

pso20141207_091012_045.jpg
ゼノ「……もういいから、お前帰れって。高所恐怖症でへっぴり腰っておよそアークスとは思えないぞ?」
スバル(やっぱり高所恐怖症なんだ、何気にゼノさんひどいこと言うね)

pso20141207_091018_046.jpg
エコー「う、うるさいっ!」
ゼロ「……スバル、俺は少しアークスシップへ戻る。どうやらエツィオが壁ドンを始めたようだ」
スバル「……うん、全力出して止めてきて」(そこの2人、結婚しなよ)

pso20141207_091117_047.jpg
スバル「いやっほー!!」
レイ「何気に浮遊大陸の下が赤いですよね。そこに火山洞窟があるんです」

pso20141207_091308_049.jpg
コ・リウ「……言っておく 我はまだ 貴様を認めていない 馴れ合うつもりも ない だが 恩義は返す それが 我らの誇り ただそれだけだ 勘違いするな」
スバル「ツンデレだねぇ」
ティーナ「つんでれー!!」
コ・リウ「この先で 貴様を待っている だが ダーカーも 増えている せいぜい 気を付けるんだな」

pso20141207_091408_057.jpg
ゼノ「……あいつは! 凍土にいた仮面野郎!」
スバル「第3回アークスシップ対抗戦のお題の仮面さんだ」
ツバサ「わからないネタふらないの」

pso20141207_091432_061.jpg
【仮面】「スバル……貴様を殺す」
スバル「えぇ……ちょ……」
エコー「ど、どうみても見逃してくれるって雰囲気じゃなないわよね? すごくおっかないんだけど……」

pso20141207_091505_066.jpg
コ・リウ「スバル そして、その輩 貴様達は 先に進め この無礼者とは 我が 戯れよう」
【仮面】「邪魔をするなら……殺す」
コ・リウ「ハ! 面白い! 我らの力 その身に刻め! スバル 邪魔だ! さっさと行け!」
スバル「わかった! 行こう、ゼノさん、エコーさん」

pso20141207_092031_070.jpg
エコー「あれ……?誰かが待ってるって話だと思ったんだけど、誰もいない?」
スバル「それじゃ、帰りましょうか」
ゼノ「それじゃ来た意味ねーよ」
???「アークスの子、スバル よく来てくれた」
スバル「!?」

pso20141207_092102_075.jpg
ロ・カミツ「私は、ロのカミツ 故あって、姿を見せられず、声での応対となる無礼を詫びる」
エコー「ロのカミツ……?スバルをここに呼んだのも、あなた?」
ロ・カミツ「まさしく 旧態依然としていた龍族に、一つの楔が打ち込まれた そのきっかけは、間違いなく貴方の内にある、感謝する、スバル。そして渡したいものがある、……だが、その前に確かめさせて欲しい。貴方がそれに足る力を持つのかを」

pso20141207_092217_086.jpg
レイ「スバルさん、上です!!」
スバル「上?」
ヒュイイ……グサッ

pso20141207_092259_092.jpg
エコー「りゅ、龍族? 大きい……!」
ゼノ「ヘッ、力試し、ってか。んじゃ、それに見合う報酬を用意してくれてるんだろうな?」
???「無礼者! カミツ様の 声に賜る それこそ 誉れ!」
ロ・カミツ「よい、コのレラ。此にと叫びしその忠義、この戦いをもって示してみせよ」
コ・レラ「御意!」
??「待たせたな」
スバル「その声は……ゼロ!?」
ゼロ「エンシェントクォーツ……いただく!!」ゴオオ
コ・レラ「えい」グウォン!
ゼロ「ぐぁあああああああ!!」ピューン
スバル「ゼロー!!」

戦闘開始!!
pso20141207_092651_095.jpg
毎度のことながらの戦闘スキップです。
ロ・カミツ「見事、信に足るその力見届けさせてもらった」
スバル「ふう、突進さえなんとかできれば対処は簡単だった」
ロ・カミツ「コのレラも大義であった。ゆるゆると休むがよい」
コ・レラ「ありがたき お言葉」

pso20141207_092712_099.jpg


pso20141207_092739_105.jpg
ロ・カミツ「さて、本題に入ろう。先日より、貴方が此処を訪れていた理由は、これであろう」
スバル「ええ」
ロ・カミツ「何時からか、それは、そこにあった。眠るように、ただ静かに……」

pso20141207_092809_110.jpg
スバル「なにこれ? サッカーボール?」
エツィオ「なわけねーだろ」

pso20141207_092819_111.jpg
ロ・カミツ「……コのリウより、声が届いた。許諾無き侵入者は撤退したようだ。貴方も帰還するといい」
スバル「……龍族って強いんですね」
ロ・カミツ「褒めても何も出ないぞ」

pso20141207_092840_115.jpg

その後――
pso20141207_093330_117.jpg
ジグ「見つかったか! おお、おお! まさしく! これで元の状態に修繕できる!」
スバル「本当ですか!?」
ジグ「ああ、ありがとうよ! スバル! あとはわしの仕事だ! 百二十八番艦『テミス』の工房に戻る!」
スバル「128って……アークスシップの数すごい多いよね」
ジグ「破損武器の修繕が終わり次第おぬしにはすぐ連絡する。それまでしばし、時間をくれ!」

マイルームにて――
スバル「エツィオ、ゼロの様子は!?」
エツィオ「あー、こりゃ無理だ。完全にイカれてやがる。まあ、夜なべして直してみるが、ダメなときはダメだ」
スバル「これからどうするの?」
エツィオ「ゼロが壊れていると運転は俺ぐらいしかできないからなぁ」
スバル「え、じゃあ」
エツィオ「よし、俺がAISの操縦をお前に叩き込む。次回からは自分で出撃を頼む」
スバル「えぇーっ!?」

自家用AISの操縦、がんばれスバル!
おまけ
pso20141207_084811_002.jpg
スバル「ふん、ついてくるなら勝手にするといい」
メカでお届け。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今まで来た人
プロフィール

エツィオ

Author:エツィオ
(C) SEGA
どうもこんにちは。
pso2のship10にいるエツィオです。
チーム:うさぎのしっぽ*

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる